本来一生つけ続けるであろう結婚指輪ですが、何故だか大事にしまいこまれるであろう婚約指輪に比べて陰の薄い存在ですよね。

婚約指輪は給料の3倍とか言われてますが、結婚指輪の相場って話題にならないですよね。昔は日常的につけるものなのでシンプルなものが好まれたようですが、最近はおしゃれなものも多く、二人の指輪が合わさることで一つのものになるタイプのものが選ばれているようです。

結婚指輪を二人そろって選んでいるときが一番幸せな瞬間かもしれませんね。本当に結婚するんだっていう実感に浸りながら、結婚準備のような現実的な雑務とも切り離されて、あれがいいこれがいいと言いながら。

そして結婚後はその結婚指輪をつけるか外すかでだんな様と言い争うことがなければいいのですが。

結婚指輪はサイズ調整や文字の刻印などを依頼することになるので結婚式の3ヶ月くらい前から用意するとよいでしょう。結婚式の3ヶ月前というと一番忙しい時期ですが結婚指輪はゆったりとして気持ちで楽しみながら選びたいものですね。